お気に入りの記事があれば、facebook・Twitter・LINEなど、SNSでシェアをお願いします

NBAを見て勉強してみませんか!テレビの大画面でNBAを見る方法

NBAを見て勉強してみませんか!

バスケットボールを上手くなる為には

上手い人のプレイを見て勉強する、あこがれを持つ!

という方法があります。

もちろん、たくさん練習をしたり、本を読んだり、コーチの話を聞いたり・・・

バスケットボールを上手くなる方法はいろいろありますが

【上手い人のプレイを見みる】

というのは、かなり重要な要素です。

身近な選手、兄弟・先輩・後輩など、スキルの高い選手を見て

『あんな風にバスケが上手くなりたい』

と思う事は、バスケットボールのスキルアップには欠かせません。

私も、バスケットボールは下手くそながら、現役高校生の頃はバスケの神様に憧れてよくテレビでバスケットボールを見ていました。

それは、

NBA

バスケの神様というのは、そう!

マイケル・ジョーダン

いまでも、あの滞空時間の長いプレイは鮮明に覚えています。

世代がばれてしまいそうです(^_^;)

 

NBAと言えば、今シーズンから日本人として初めてドラフト1巡目指名を受けた、八村塁選手が注目を集めています。日本のバスケットボールを良い意味で学んでいるので、まじめなプレイが高評価を得ているようです。

 

そんな、八村選手をはじめ、素晴らしいスキルを持った選手が集まってバスケットボールをしているのがNBAなのです。

 

そんなNBAですが、私と同世代の方なら首を縦に振ってもらえると思いますが、

昔は、NHKのBS放送で見れていましたよね。

しかし、現在、NBAをテレビで見て勉強したい!と思っても

BS放送では放送していません。

NBAが日本で開幕戦を行っても、テレビ中継もしません。

 

なぜ?

2017年10月以降、楽天が米プロバスケットボール協会『NBA』と複数年パートナーシップ契約を結んだ事で、楽天が日本国内でNBAを独占的に放映・配信することになりました。

結果、日本のテレビ会社はNBAの試合を放送する権利を失ったわけです。

気軽にNBA観戦ができなくなった理由はそこにあります。

では、NBAを見て勉強する!為には

どうすればいいのでしょうか?

NBAを見る方法

気軽にNBAを見る方法を失ってしまった事は悲しいですが・・・

それが現実!(笑)

現実を受け止めて、解決策をかんがえましょう!

NBAを見る方法はただ1つ・・・

NBA Rakutenに加入する

NBAを見る為には

楽天が提供しているサービスNBA Rakutenに加入する必要があります。

「NBA Rakuten」に加入するためには、まずは楽天IDが必要になります。

楽天IDをお持ちでない方は、楽天のサイトにアクセスすれば無料ですぐに作成できます。

加入方法は3パターン

  • ウェブから加入
  • iosアプリから加入
  • Androidアプリから加入

です。

料金プラン

NBA Rakutenに加入すると、利用プランを選択します。

 

BASIC PASS

TEAM PASS

LEAGUE PASS

Single Game

WEB

Androidアプリ

月額 990円

年額 7,700円

月額 1,430円

年額 15,400円

月額 2,640円

年額 9,900円

550円

iosアプリ

月額 990円

年額 7,700円

月額 1,450円

年額 15,400円

月額 2,700円

年額 9,900円

600円

視聴試合数

シーズン中:週9試合以上

選択したチームの全試合

全チーム全試合

1試合

★BASIC PASS

  • お手軽にNBAを楽しめるプラン
  • 日本人選手をはじめ、有名選手が所属する人気チームの試合など、注目試合を厳選して配信
  • シーズン中は週9試合以上、日本語解説付きの試合もあります

 

★TEAM PASS

  • お気に入りの1チームのすべての試合が見放題

 

★LEAGUE PASS

  • 全チームのすべての試合を配信
  • その他、24時間放送の「NBA TV」などすべてのコンテンツが見放題

 

★Single PASS

  • 1試合ずつ購入して視聴

 

それぞれのプランで特徴があるので、自分にあったプランを選びましょう。

 

視聴方法

NBA Rakutenに加入すれば、NBAを見ることができるようになります。

では、どのような方法で視聴すればよいのでしょう。

 

基本的にインターネット配信の動画になりますので、

視聴プランにもあったように

 

Androidアプリ

iosアプリ

WEB

になります。

 

もっと簡単に説明すれば

  1. スマートフォン
  2. タブレット端末
  3. パソコン
  4. PlayStation 4
  5. Fire TV

です。

テレビの大画面でNBAを見る方法

スマートフォンをはじめ、タブレット端末の画面やパソコンの画面では小さすぎてNBAの迫力が伝わらない。

プレステ4・Fire TVは、直接テレビにつなげるものなので、テレビ画面で視聴可能ですが

プレステ4・Fire TVを持っていなければ無理ですね。

 

では、もっとお手軽にテレビの大画面でNBAを楽しむにはどうすればいいのか?

 

Google Chromecastを使います。

これです↓

テレビとの接続はHDMIに接続するだけ、それと電源をコンセントから取ります。

あとは、Wi-Fi環境があれば簡単にテレビと携帯端末がつながってストリーミングできます。

価格は大体5,000円前後で購入できます。

これなら、高価なプレステ4などを持っていなくても大画面のテレビでNBAが楽しめます。

 

しかも、「NBA Rakuten」いがいにも接続可能

YouTubeはもちろん、Hulu、DAZN、Netflixなど対応アプリは800以上です。

 

NBAを見て!目標は世界へ!

世界最高峰のバスケットボールNBA

日本人選手、八村塁も活躍しているバスケットボールの試合を見て

もっともっとできる自分を夢見て下さい!

そして、NBAのようなプレイなんかできない!

なんて思わないで、あこがれをもってNBAから学んでください!

今以上にバスケットボールが好きになって、楽しくなって

そして、うまく!なれると思います!

ブログランキングに参加しております。

良かったらバナークリックをして下さい。


ミニバスケットボールランキング

最新情報をチェックしよう!
>「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「プレイヤーズファースト」を尊重した、目先の勝利に捉われない長期的視点に立った指導の推進をし、バスケットを楽しみ、打ち込める環境作りと、日本全体の競技力の向上を目指します

CTR IMG