お気に入りの記事があれば、facebook・Twitter・LINEなど、SNSでシェアをお願いします

「バスケの練習で子供が疲れている」子供を疲れや怪我から守るためには

  • 2020年11月4日
  • 2020年11月4日
  • 知識
  • 55view
ミニバスをしている子の保護者です。

「最近、大好きなバスケを頑張ってしている子供が少し疲れているようで心配です」

大好きなスポーツを頑張って練習している子供が少し疲れているように思うことはありませんか?
 
子供達も大人と同じで、オーバーワークや環境の変化があれば必ず疲れます。
大人が疲れている時は、自ら行動してリカバリーをすることはできますが、子供達は自分で疲れをとる手段を持ち合わせていないのが、ほとんどではないでしょうか。
すなわち、子供達も疲労が蓄積されるという事です。
子供達も疲れが溜まってくれば、パフォーマンスの低下や、最悪の場合、怪我に繋がることがあるわけです。
大好きなスポーツをしているはずなのに、疲れている我が子。
疲れを溜めないためにできることは?
 
✔︎本記事の内容
・こんな子は疲れが溜まっているかも
・疲れからくる子供達への影響
・実はその疲れ、ビタミンB群の不足が原因かも
・疲れや怪我から子供を守るには
 
 

こんな子は疲れが溜まっているかも

この記事にたどり着いたあなたは「子供の疲れ」に悩んでいる方でしょう。

例えば

【ミニバスが大好きで頑張って練習する子供、でも頑張りすぎて疲れが溜まっているように見える】
 
スポーツをしている子供の疲れを感じている親は、あなただけではありません。
なんと!
92%の親が子供の疲れを感じている
というデータがあります。
 
疲れが溜まっているかも・・・
こんなお子さんは要チェックです。
□疲れがとれにくい
朝起きるのがツラそう
週5日以上プレーしている
毎日寝る時間が遅い
食が細い、好き嫌いが多い
風邪をひきやすい
小学4年生または中学1年生
 
どうでしょう?
お子様に当てはまる項目はありますか?
特に、
☑︎週5日以上プレーしている
☑︎毎日寝る時間が遅い
☑︎小学4年生または中学1年生
の項目は要注意です。
 
週5日以上プレーしている
大好きなスポーツを週5日以上練習している子は、普段の学校生活と部活やクラブチームの練習でクタクタです。
【上手くなりたい、強くなりたい】
子供も親も同じ思いかもしれませんが、オーバーワークになっていませんか?
 
毎日寝る時間が遅い
練習や塾、不規則な生活で毎日寝る時間が遅い子供は
必ず!疲れが溜まってきます。
しっかり、睡眠をとるようにしましょう。
睡眠をとるメリットは

コメント小学生の親です。最近、子供の寝る時間が遅くなってきています。朝も起きてこないし、成績も勉強も疎か。ミニバスも直ぐに疲れます。睡眠ってやはり大切ですか? 睡眠は、子供にとってとても大切です。 3人のバスケキッズを育ててきた[…]

 
✅小学4年生または中学1年生
小学4年生と中学1年生になったタイミングは疲れが溜まりやすいと言われています。

小学4年生になると、高学年の仲間入りで練習時間が夜になったり、練習量も増える時期です。

また、中学1年生になれば、授業、部活の時間が増え、試験勉強や塾通いで忙しくなる時期です。

今までの生活に、新たな活動が増える時期は、より疲れが溜まりやすいのです。

 

【PR】「ビタミンB群」を効果的に摂取して子供の疲れを回復する方法>>

疲れからくる子供達への影響

普段の生活、スポーツで疲れが溜まってきた時、

子供達にはどんな影響が出てくるのか。

 

スポーツに関しては、

間違いなく、パフォーマンスが低下します。

・持久力が落ちる
・体の動きが重く感じる
・トレーニングをしても身につかない
など

まわりから見ても分かるような状態になります。

 

疲れからくるパフォーマンス低下は、身体的能力が落ちるだけでなく

最悪の場合、

怪我・故障の原因にもなってしまいます。

 

学業にも影響が出ます。

疲れが溜まれば、睡眠をとっても十分にリフレッシュすることができなくなり、

朝の目覚めも悪く、

学校の授業中に眠むくなり集中できなくなって、成績にも影響が出てきます。

学校の授業というのは、居眠りをせずに受けることで効率よく学ぶことができるものです。

学校の授業をしっかり受ければ、進学のために塾へ通う必要もないわけです。

 

【PR】「ビタミンB群」を効果的に摂取して子供の疲れを回復する方法>>

実はその疲れ、ビタミンB群の不足が原因かも

スポーツを頑張っている子供を持つ親としてできることは数ありますが、

その中でも、食事に気を配っている方は多いと思います。

しかし、そのご飯を食べても

「疲れが取れない」「体がだるい」という状態になることも。

実は、しっかり食事を摂っていても

【エネルギー不足】になることがあります。

その原因は、ビタミンB群の不足かもしれません。

エネルギーの素となる3大栄養素を「エネルギーに変換」するために欠かせないのがビタミンB群です。

ご飯をしっかり食べていても、ビタミンB群が不足していると、「エネルギー不足」の状態になり疲労感としてあらわれます。

スポーツをしている運動量の多い子どもほど、エネルギーを生み出すビタミンB群の補給が大切です。

特に、成長期のスポーツ選手は大人と同程度の食事量・栄養が必要ですが、水溶性のビタミンB群は体内に蓄積せずどんどん体外に排出されるので積極的な補給が重要なのです。

【PR】「ビタミンB群」を効果的に摂取して子供の疲れを回復する方法>>

一般的にスポーツをしている子供達は

「とにかく食事をたくさん食べる」

ことを勧められる傾向ですが、

しかし、本当は

足りていないのは「カロリー」ではなくて「栄養」なんです。

お家のご飯で、「タンパク質」「炭水化物」「脂質」はちゃんと摂れていると思います。

でも、その3大栄養素を有効に使うための「ビタミンB群」や「ミネラル」が、実は足りていないのです。

その「ビタミンB群」は繰り返しになりますが、水溶性のため体内に蓄積されにくい性質なので、積極的に摂取しないと

【疲れやすくなる】ということなのです。

ですので、疲れが溜まってしまうと

【怪我のリスクが高くなる】ということになります。

【PR】「ビタミンB群」を効果的に摂取して子供の疲れを回復する方法>>

疲れや怪我から子供を守るには

 

ご飯はしっかり食べているのに「ビタミン不足」

そんな子供達を

疲れや怪我から守るためにできること。

 

「ビタミン不足」を解消する効果的方法は

効率よく習慣的にビタミンB群を補給してあげることです。

 

一番簡単にできるのがサプリメントの活用です。

よく、プロテインを飲んでいる子供達もいるかと思いますが、

プロテイン(タンパク質)だけでは体を大きくすることはできません。

「ビタミン」や「ミネラル」がバランスよく働かなくてはいけないのです。

体を大きくし、疲れを溜めず疲労回復を促すためには

プロテインと「ビタミン」を摂取できるサプリメントが有効になります。

体を作る【プロテイン】

疲労回復を促す【ビタミンB群】

子供の疲れと怪我の予防には欠かせないものです。

 

【PR】「ビタミンB群」を効果的に摂取して子供の疲れを回復する方法>>
>「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「プレイヤーズファースト」を尊重した、目先の勝利に捉われない長期的視点に立った指導の推進をし、バスケットを楽しみ、打ち込める環境作りと、日本全体の競技力の向上を目指します

CTR IMG