お気に入りの記事があれば、facebook・Twitter・LINEなど、SNSでシェアをお願いします

ミニバスで3ポイントシュート導入の噂とは?最新情報を徹底解説!

  • 2024年5月26日
  • 知識
  • 7view

ミニバスケットボール、通称「ミニバス」は、日本の小学生を対象としたバスケットボールのカテゴリーです。

最近、ミニバス界隈で注目を集めているのが「3ポイントシュート」の導入に関する噂です。

本記事では、ミニバスにおける3ポイントシュート導入の背景や期待される効果、反対意見、現在の進捗状況などを徹底解説します。

 

ミニバスにおける3ポイントシュートとは?

3ポイントシュートとは、バスケットボールにおいて通常のフィールドゴールよりも遠い距離からのシュートで成功すると3点が得られるシュートのことです。

ミニバスケットボールでも、ほぼ通常のバスケットボールと同様のルールでプレーされていますが、コートのサイズやゴールの高さ、ボールサイズ小さいなど、一般のバスケットボールよりも小学生にプレーしやすい設定になています。

現段階では3ポイントシュートのルール設定はありません。

コートのどこからシュートを決めても、通常のシュートは2点ということになります。

 

3ポイントシュート導入の背景と理由

競技レベル向上のための取り組み

ミニバスケットボールに3ポイントシュートを導入することにより、選手たちの技術向上や戦術の幅を広げることが期待されています。

3ポイントシュートは、長距離からの正確なシュート技術だけでなく、チームプレーや戦略の重要性も学ぶ機会を提供します。

 

国際基準への対応

一部の国際大会や地域では、既にミニバスケットボールでも3ポイントシュートが採用されています。

日本もこれに対応する形で、国際基準に合わせたルール改正を検討しています。

 

導入に対する賛成意見と期待される効果

技術向上と戦術の多様化

3ポイントシュートの導入により、選手たちのシュート技術が向上するだけでなく、戦術の多様化も進むと期待されています。

チームとしての戦略が豊かになり、試合の楽しさも増すでしょう。

 

子供たちのモチベーションアップ

新しいチャレンジとして3ポイントシュートが導入されることで、子供たちのモチベーションも向上します。

難易度の高いシュートに挑戦することで、成功体験を積み重ねることができます。

 

導入に対する反対意見と懸念点

体力負担の増加

3ポイントシュートは、長距離からのシュートであるため、子供たちの体力に負担がかかる可能性があります。

成長期の子供たちに過度な負荷をかけないよう、適切な指導が求められます。

 

シュート成功率の低下

3ポイントシュートの導入により、無理なシュートを試みる子供たちが増えることで、シュート成功率が低下する懸念があります。

基本的なシュート技術の習得が重要です。

 

関連記事

  バスケ部です。シュートの確率を上げたいです。シュートフォームも修正したいと思っています。シュート確率の上がるシュートフォームを教えて欲しい。 その質問に答えます。   ✔︎本記事の内容 ・身につけて欲し[…]

 

現在の進捗と今後の動向

パイロットプログラムの実施状況

一部の地域や大会で、試験的に3ポイントシュートを導入するパイロットプログラムが実施されています。

これにより、実際の影響や効果を検証しています。

 

公式発表のタイムライン予測

JBAからの正式な発表はまだありませんが、今後の動向を注視することが重要です。

公式ウェブサイトやニュースリリースを通じて最新情報を確認しましょう。

 

公益財団法人日本バスケットボール協会

公益財団法人日本バスケットボール協会(JBA)の公式サイト。JBAの取り組み、日本代表の活動や、国内外の各種大会情報など…

 

指導者や保護者へのアドバイス

子供たちへの適切な指導方法

3ポイントシュートを導入する際は、子供たちに正しいシュートフォームや体の使い方を教えることが重要です。

基礎からしっかりと指導しましょう。

 

関連記事

ミニバスケットボールの初心者ガイド 子供たちにとっての最初のステップ ミニバスケットボールは、子供たちがスポーツの基礎を学び、チームワークと個々の技術を向上させる絶好の方法です。 この記事では、ミニバスケットボールの基本的な[…]

 

メンタル面のサポート

新しいルールに対する不安やプレッシャーを感じる子供たちには、メンタル面でのサポートも必要です。

成功体験を積ませることで、自信を持たせることが大切です。

 

関連記事

ミニバスの試合前、多くの選手が緊張と戦います。この緊張はパフォーマンスに大きく影響するため、適切に管理することが重要です。 この記事では、試合前の緊張を和らげ、メンタルを強化するための簡単なステップを紹介します。プレッシャーをポジティ[…]

 

まとめ

ミニバスケットボールにおける3ポイントシュート導入の噂は、多くの期待と懸念を伴っています。

技術向上や戦術の多様化が期待される一方で、体力負担やシュート成功率の低下といった懸念もあります。

今後の動向を注視しながら、適切な指導とサポートを行いましょう。

 

ブログランキングに参加しております。

良かったらバナークリックをして下さい。

ミニバスケットボールランキング

 

>「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「プレイヤーズファースト」を尊重した、目先の勝利に捉われない長期的視点に立った指導の推進をし、バスケットを楽しみ、打ち込める環境作りと、日本全体の競技力の向上を目指します

CTR IMG