お気に入りの記事があれば、facebook・Twitter・LINEなど、SNSでシェアをお願いします

ミニバスで身に着けておきたいこと 個人の基礎スキル

ミニバスの指導をしていて、保護者の方からの要望を聞くことがあります。

よく聞くのが

  • もっとパスを回せる指導を
  • スクリーンプレーは教えないの
  • セットプレーはしないんですか

など、私もそう思います。

しかし、もっと大切なことを忘れていませんか。

キツイ言葉ですが、

チーム全体、個人(自分の子供を含む)がバスケットの基礎スキルができていると思いますか。

と言いたい。

試合をしても勝てないし、バスケットになっていないと思っておられるのだと思います。

スクリーンプレーをおしえて、スローインからのセットプレーが練習出来たら高確率に点を取れるチームになる事はわかっています。

しかしながら、普段の練習、試合を見ていてお気づきになりませんか。

  • パスをしっかりできない、キャッチできない
  • シュートフォームはガタガタ、シュートセレクトがむちゃくちゃ
  • オフェンス、ディフェンスのスタンスもできていない
  • ドリブルスキルも上がっていない
  • 1対1ができない

そんなチームに、スクリーンだのセットプレーだの教えても、結局プレーが続かなかったり、最終シュートすら打てない決められない結果で終わってしまいます。練習をするにも、思うような練習になりません。

まずは、個人の基礎スキルを上げないと。

だから、私の練習メニューは基礎練習を基本にやっています。試合もパスランからの1対1が基本の攻め方です。

ミニバス世代ではそれでいいのです。もっともっと、個人のスキルを上げることを重要視するべきです。

それは、ハンドリングやドリブルスキルなど身体的な要素だけではなく、判断力やプレーの知識、試合の勝ち方など非身体的なスキルも含めます。

JBAでも世界に通用する選手育成を目標に

【強い1対1ができる選手】を育成しようと掲げています。

クリックJBAマンツーマン推奨ページ

ミニバス世代で個人スキルを身につけた選手は、ステップアップしていくにつれて、間違いなく良い選手になっていきます。

たとえミニバスで良い成績を出せなくても、将来に向けて基礎スキルを身に着けることを優先します。

保護者の皆さん、ご理解ください。

ちなみに、基礎スキルが高い子達増えていくチームは自然と強くなります。




mineoは多くの方に選ばれて顧客総合満足度第1位
ブログランキングに参加しております。

良かったらバナークリックをして下さい。


ミニバスケットボールランキング

最新情報をチェックしよう!
>「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「プレイヤーズファースト」を尊重した、目先の勝利に捉われない長期的視点に立った指導の推進をし、バスケットを楽しみ、打ち込める環境作りと、日本全体の競技力の向上を目指します

CTR IMG