お気に入りの記事があれば、facebook・Twitter・LINEなど、SNSでシェアをお願いします

パス練習。少人数でやる練習メニュー

ミニバスケットボールの指導者であれば、試合に勝ちたいと思うのはあたりまえです。しかし、チームの構成や人数で思うように練習が出来ないチームは結構あると思います。

特にチーム構成上、低学年も含めて10人になるチームなどは、チーム練習よりも個人的な練習がメインになってくると思います。

1年生から6年生が同じ時間にチームとしてプレーするわけですので、低学年の子はパスが受けれなかったり、できなかったりするでしょう。なのでパス練習は必須です。でもサークルパスをしたくても人数が少ないし、1年生から6年生まで一緒にしようにも、始めたばかりの子達はうまくできない。だから、低学年もパスキャッチができるようにしたいので、対面パスをさせてみる。しかし、その対面パスさえも学年差があると、どうしてもうまくできない。粘りずよく時間をかけてやらしても他の練習メニューの時間が無くなるという悪循環になってしまいます。

そこで、3人でできるパス練習を紹介します。

3人パスキャッチドリル

3人でやることで、2人で向かい合ってやるパス練習よりも、動きながらのパス、キャッチになるので飽きずにしっかりできます。学年、経験レベルに合してグループを分けられます。

この『3人パスキャッチドリル』ですが、ミートしてキャッチをする時に、ボールを怖がる子がいますので以下の事を注意するようにコーチングします。

ドリルのポイント

  • ターゲットハンドをしっかり作る
  • 軽く腕を伸ばす
  • ボールが手の中に入ったら胸にひく(ショックを吸収します)
  • イチ!ニ!のリズム
  • 1でキャッチから胸に引き付ける
  • 2でパスを出す

この要領で、真ん中のプレーヤーが10回パスをして次の人に交代します。

パスの種類

などで応用してもよいでしょう。

3人のグループが作れない時は

3人のグループが作れないチームや、人数の都合上2人組しか組めない場合は少し工夫が必要です。

そんな時は、2人で対面に立ち、メインでする人が体育館の壁まで全力で走っていき、壁をタッチして戻ってきます。そこに、サブの人からパスを出して、キャッチ、リターンパスをしてターン。また壁タッチをして戻るを繰り返します。全力で! それを10回。壁までの距離を長くすれば、ダッシュの負荷も調整できます。ある意味、3人でするパスキャッチドリルよりも、負荷は大きくなると思います。

これを毎回の練習メニューに入れて下さい。目標は、低学年から高学年まで同じメニューの練習ができるようにするため!

もっと先の最終目標は、人数の少ないチームでも、低学年にボールを回して、バスケットボールの試合ができる状態にすることです。




mineoは多くの方に選ばれて顧客総合満足度第1位
ブログランキングに参加しております。

良かったらバナークリックをして下さい。


ミニバスケットボールランキング

最新情報をチェックしよう!
>「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「プレイヤーズファースト」を尊重した、目先の勝利に捉われない長期的視点に立った指導の推進をし、バスケットを楽しみ、打ち込める環境作りと、日本全体の競技力の向上を目指します

CTR IMG