お気に入りの記事があれば、facebook・Twitter・LINEなど、SNSでシェアをお願いします

レイアップシュートとは?以外に知られていない事!

バスケットボールには、いろんなシュートがあります。

  • セットシュート
  • ジャンプシュート
  • ランニングシュート
  • バックシュート
  • フックシュート

細かく分ければ、たくさんの種類や、呼び名があります。

その中で今回は、レイアップシュートのお話です。

レイアップシュートとは

皆さん、レイアップシュートはどんなシュートか説明できますか?

ドリブルまたは走りながらボールをキャッチして、手のひらの上にボールを乗せて腰のあたりからすくい上げる様に打つシュート

または、漫画スラムダンク的に表現すれば、庶民シュートだとか…

間違ってはいませんが、それは『アンダーハンドレイアップシュート』と言って、何種類かあるレイアップシュートの一つなんです。

レイアップシュートとはつまり

バスケット(リング)付近からのシュートです。

となります。

これは、

さんのサイトにある

Skills&Drills】事実、多くの指導者が知らないレイアップシュートの真実

に書かれているものです。すごく共感できる記事です。

レイアップシュートの種類

レイアップシュートには3種類あります。

  • アンダーハンドレイアップシュート
  • オーバーハンドレイアップシュート
  • パワーレイアップシュート

よく、ランニングシュートなどで指導されるのが、アンダーハンドレイアップシュートですが

アンダーハンドレイアップシュートは

腰の位置からボールを持って、手のひらを上、親指を外側に向けて下から上に投げるシュートです。

わざわざ、ボールを腰ほどの位置へ下ろして打つシュートなんです。

ゴール下、もしくはゴール付近で周りにディフェンスがいなくなるのは、バスケットボールの試合で単独速攻になった時くらいです。それ以外のゴール付近でのシュートシュチュエーションでは、間違いなくディフェンスがいます。その場面おいて、わざわざボールを下げるのはどうかと思います。シューターよりも小さな選手にもボールカットのチャンスを与えているようなものです。

ミニバスで身に着けたいレイアップシュートは

私が指導しているミニバスクラブでは、低学年からオーバーハンドレイアップをメインシュートに設定して教えています。

答えは簡単です。上記に書いた通り、アンダーハンドレイアップシュートのようにリスクがあるシュートより、オーバーハンドレイアップシュートの方が合理的でしかも将来的に応用がきくからです。

皆さん、ゴールした付近でボールを持った選手にボールを下げてからシュートをするコーチングをされますか?しませんよね。

オーバーレイアップシュートは肩より上で、手首をしかっり返して、親指以外の指を後ろ、親指は内側を向くように構えます。手首を返した構えは、シュート、パス、ドリブルに共通した構えになるので、自然な構えと言えます。

アンダーレイアップシュートを全否定しているのではありません。アンダーレイアップシュートもバスケットボールにおいて重要なシュートの一つです。必ず身に着けておきたい技術です。問題は身に着ける順番なんです。まずは、ミニバスや中学生の段階で最初にオーバーレイアップシュートを練習することで、総合的なシュートタッチを身に着けることができますし、フローターシュートなど将来的に応用がきく基本のシュートなのです。

今回は、レイアップシュートのお話でした。

ブログランキングに参加しております。
良ければバナークリックお願いします。

ミニバスケットボールランキング

最新情報をチェックしよう!
>「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「プレイヤーズファースト」を尊重した、目先の勝利に捉われない長期的視点に立った指導の推進をし、バスケットを楽しみ、打ち込める環境作りと、日本全体の競技力の向上を目指します

CTR IMG