お気に入りの記事があれば、facebook・Twitter・LINEなど、SNSでシェアをお願いします

ミニバス|2019競技規則の追加と補足事項 4人で試合をする事を・・・

U-12  2019競技規則一部変更

2019年10月31日付で、各都道府県協会U-12部会に

【U-12 カテゴリー競技規則一部変更の追加について】

という案内が、JBAアンダーカテゴリー部会からあったようです。

その内容を、解りやすく解説します。

2019年4月からの出場人数の変更点

U-12カテゴリー(以下ミニバス)での、8~9人での試合成立が正式に認められました。

これは、今現在の少子化の問題を考慮して、少人数でも試合ができるように考えられたルール改正です。

少子化地域のミニバスチームには、大変うれしいルール改正です。

関連記事

登録規定の変更 スポーツの世界では、規約やルールの変更が行われる事は良くあります。 その時々にあったルールに変更して、少しでも良くしていこうという事であろうと思います。 日本のミニバスケットボールでも、201[…]

そこで、問題になってきたのが、

【プレーヤーは第 3 クォーターまでに続けて 3 クォーター出場してはならない。】

という規定です。

この規定を満たすためには

最低8名の選手が必要になってきます。(そのこともあって、最低人数が8名に設定されていると思います)

図解してみます↓

選手が8名いる場合

 
1Q      
2Q      
3Q      

1Q~3Qまでに、続けて3Q出ている選手はいません

試合成立の条件はクリアしています

では、8名の選手の内、1名が負傷交代、又はファウルトラブルにて退場してしまった場合はどうなるか。

選手8名中 → 1Qに 1番が負傷退場になった

 
1Q 負傷 ⑥交代    
2Q      
3Q  

上の表を見てみましょう

1Qのメンバー、①・②・③・④・⑤の選手の①が負傷でプレイが継続不可能になったので

⑥の選手がコートに入ります。

よって、⑥の選手も1Qの選手としてカウントされます。

3Qでは、の選手が出ないといけない。

2Q、3Qに5名の選手を出したいとなれば

3Q連続でプレイをする選手がいないと不可能なので

試合の成立条件をクリアできません

得点で勝っていても

結果は20-0になります。

試合を成立させたい為の作戦を考えると

先ほどのパターンから考えると

1Qに負傷退場をした①の選手の代わりを出さないで

1Qは、4人でプレイを続ける

いわゆる

【出場選手を4名以下として試合をする】

という作戦が考えられる。

という事は、

①の選手に代わって

⑥の選手を出さないことで

1Qを4人の選手でやり過ごす。

そして、2Qから⑥を含めた5人を編成する。

こうすることで

【プレーヤーは第 3 クォーターまでに続けて 3 クォーター出場してはならない。】

という条件をクリアできる。

その作戦が考えられたことから

2019年4月からミニバスケットボールのカテゴリーで

認められるのか

認められないのか

という曖昧な判断がされてきました

2019年10月31日付  U-12競技規則  追加・補足事項

以上の様な

8名又は9名登録のチームが

負傷退場及びファウルトラブルでの対応

【出場選手を4名以下として試合をする】

という曖昧さを無くすために規定されていなかったところを

競技規則の

追加内容

補足事項

という形で決定・通知されました。

追加内容

  • 8 人以上による試合成立の条件が満たせなくなった場合は、試合不成立とする。
  • 試合不成立となった場合、結果は 20-0 とする。ゲームの途中で試合不成立となった場合、それまでの記録は全て無効とする。

補足事項

曖昧なところにメスを入れたところが補足事項、特に①

  1. 8 人以上による試合成立の「プレーヤーは第 3 クォーターまでに続けて 3 クォーター出場してはならない。」を満たすために、出場選手を 4 人以下として試合をすることは認めないことを明記。
    (2019 バスケットボール競技規則解説(インタープリテーション)9-4 に基づく容)
  2. 試合不成立となった場合は、次のように処置をする。
    ・試合不成立であることが、試合開始前に判明した場合は、その時点で試合不成立として処置する。
    ・試合不成立であることが、ゲーム中に判明した場合は、次にボールがデッドになった時点で試合不成立として処置する。
    ・試合不成立であることが、ゲーム終了の合図が鳴った後、クルーチーフがスコアシートにサインをする前に判明した場合は、ゲームの結果に影響するとしても、試合不成立として処置しなければならない。
    ・試合不成立であることが、クルーチーフがスコアシートにサインをした後に判明した場合は、その誤りを訂正することはできない。クルーチーフあるいはコミッショナー(同席している場合)は、その事実の詳細な報告を大会主催者に提出しなければならない。

まとめ

2019年の10月31日付けで、JBAから各都道府県協会に通知が内容で

8名、9名登録のチームで

1Q・2Q・3Qで選手の負傷退場及びファウルトラブルでの退場があった時、

試合成立のためなどで

出場選手を4名以下として試合をすることは認められなくなりました。

2019年度4月からの曖昧な試合運営の

『かゆいところに手がとどいた』

感じです。

この内容を、ググッていると、JBAからの各都道府県協会への通知文がヒットしましたので、以下をチェックしてもらってもいいです。

関連資料 U12 カテゴリー競技規則一部変更の追加について(JBA)

関連資料 2019 年度 U12 カテゴリー競技規則の一部変更の追加 20191023(JBA)

(長野県バスケットボール協会HPより)

最新情報をチェックしよう!
>「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「プレイヤーズファースト」を尊重した、目先の勝利に捉われない長期的視点に立った指導の推進をし、バスケットを楽しみ、打ち込める環境作りと、日本全体の競技力の向上を目指します

CTR IMG