お気に入りの記事があれば、facebook・Twitter・LINEなど、SNSでシェアをお願いします

ミニバス|コロナウイルス感染症の危険性を理解して練習は中止。もう一度、命の大切さを学び考えましょう。

 
ミニくん
コロナウイルスが流行している時は
ミニバスの練習はどうしたらいいの?
 

4月に入りました。

新型コロナウイルス感染症の猛威は治る事なく、日々の生活を脅かしています。

今後、ミニバスの練習はどうすればいいのか。

1.練習は中止するべきです。

2.無責任な指導者は必要ありません。

3.バスケットボールをする理由は。

 

練習は中止するべきです。

日本国内の新型コロナウイルスの感染者は、現在増え続けています。

子供達は休校という、今まで経験のない対応から春休みに入り、いつ学校が再開するかわからない状況です。

そのような状況で、家に閉じこもっている子や、公園、大型商業施設で集まっている子、いろいろある中、

ミニバスの指導者なら、子供達の為にバスケの練習をしてやりたいという思いになるのではないでしょうか。

子供達のストレスを発散をする場所も必要です。

しかし、バスケットボールというスポーツは、体育館の中でやるスポーツです。

チームとしての練習をするならば

【国が感染予防で気を付ける事の3密】

  • 換気の悪い閉空間
  • 多数が集まる集場所
  • 間近で会話や発声をする接場面

を考えると、ほぼすべて当てはまります。

体育館の中というのは、やはり、室内になりますので

【換気の悪い密閉空間】

に近いものがあります。

体育館の室内を避けて、外で練習をするというのも一考ですが、現実的ではありません。

チームの子供達、指導者や保護者が集まって練習をしてしまえば、

【多数が集まる密集場所】

になってしまいます。

練習の内容を制限したり、もちろん、普段通りのメニューを行うと

【間近で会話や発声をする密接場所】

になるのは避けられません。

しかも、体と体が接触するのは当たり前です。

子供達の健康と命はもちろんの事、今とこれから先の日本が直面する状況を打開する為には、

バスケットボールというスポーツは、

【今は、やってはいけない】

ということです。

今後、新型コロナウイルス感染症というものが、どうなって行くのか予測不可能ですが、

大切なのは、この人類が直面している危機を乗り越えて行くことです。

なので、

【今の判断】は、バスケットボールの練習は中止するべきです。

実は、私の指導するチームも、一旦は練習を中止しました。

後に何もする事が無くなった子供達の為と言い、なんとなく世の中の規制も緩和ムードになってきたのと、保護者や関係コーチの練習をさせたいという意見を聞き、感染予防対策をして、練習を再開する事にしたのです。

しかし、私の中ではやはり、引っかかるところがありました。

一部、保護者の方からも、子供達の事が心配だと、ご意見をいただきました。

そして、地方の小さな町ですが、近隣のある市に感染者が確認されましたので、

直ちに、チームのメインコーチとして【練習中止】の判断をしました。

この対応の流れは、私としてはいろいろ考えた結果の判断でしたが、もしかしたらミスリードになっていたかもしれないと思うと、指導者として失格です。

自分自身、無責任な指導者だと思いました。

 

無責任な指導者は必要ありません

噂では、

コロナウイルス感染症のニュースを知っていても、練習をしているチームもあると聞くことがあります。

それは指導者として無責任としか言えません。

すぐに中止するべきです。

なぜ、子供達の健康と命が脅かされる時に練習をするのか。

それはただ試合に勝ちたいからですか。

無責任な保護者に練習をしてほしいと頼まれるからですか。

いくら、感染予防対策をしているとはいえ、子供達や、その関係者を危険にさらしてまで、

他のチームを出し抜きたい

他の子たちよりも上手くなってほしい

と考えますか。

いまは、そんな事を考えるより、もっと大切な事を、子供達に教えてあげて下さい。

【命の大切さを】

 

バスケットボールをする理由

バスケットボールをする理由はなんですか?

もう一度考えてください。

楽しいからですよね。

バスケットボールが楽しいから、上手くなりまいし、試合をしたいし、試合に勝ちたいのです。

命や健康を犠牲にするスポーツは必要ありません。

だから!

いつになるかはわかりませんが、必ず、バスケットボールができる日がきます。

しかも、たのしく笑顔で!

だから、今は耐えましょう。

そして、子供達はもちろん、指導者や保護者ももう一度

【命の大切さ】を考えましょう。

ブログランキングに参加しております。良ければ下のバナーのクリックをお願いしますm(__)m


ミニバスケットボールランキング

最新情報をチェックしよう!
>「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「プレイヤーズファースト」を尊重した、目先の勝利に捉われない長期的視点に立った指導の推進をし、バスケットを楽しみ、打ち込める環境作りと、日本全体の競技力の向上を目指します

CTR IMG