お気に入りの記事があれば、facebook・Twitter・LINEなど、SNSでシェアをお願いします

ミニバス|2020年度ユニフォームの規定に変更あり JBAユニフォーム規則変更点簡単にまとめました

2020年度4月、バスケットボールのユニホームについて規定の変更と追加がありました!

2019年度、JBAから発表されたミニバスケットボール競技規則の変更は

今後の日本バスケットボールを引っ張っていくU-12世代にとって

革命的な変更がたくさんありました。

➽ ミニバス|2019年度ルール変更のポイント

こちらで解説しています。

では、2020年度は競技規則の変更はあるのでしょうか。

ミニバスケットボールも含めて、バスケットボールのプレーに関しては大きな変更はありません(2020.4月現在)が、

4月1日より、

【新ユニフォームの規則】が施行されました。

今回はJBAホームページの各種規定ページを参考に簡単にまとめてみます。

 

✔︎本記事の内容

・ソックスの規定が追加されました

・リバーシブルユニフォームが禁止になります

・ユニフォームデザインの規制が細かくなりました

・その他

ソックスの規定が追加されました

JBA競技規則によると

第3条〔ユニフォームの定義〕
本規則における「ユニフォーム」とは、試合中にチームメンバ
ーが着用する「シャツ」、「パンツ」および「ソックス」のことをいう。
ユニフォーム以外のウォームアップウェア、トラックスーツ、その
他これに類する着用品については、当該試合時点における最新
のバスケットボール競技規則(以下「競技規則」という。)および
大会要項によるものとする。

【ユニフォームの定義】に

『ソックス』

が追加されました。

という事は、ソックスにも規定ができました。

簡単に説明すると

  1. ソックスの長さに指定はありませんが、シューズから見える状態でなければならない。
  2. ソックスの色は、シャツ、パンツと違う色でもいいがチームメンバーが主となる色でそろえなければなりません。

①のシューズから見える状態ですが、サポーターなどで見えなくなるのはOKだそうです。

リバーシブルユニフォームが禁止になります

JBA競技規則によると

第5条〔ユニフォームの製作〕
1 チームは、第7条に定める淡色のユニフォームおよび濃色のユ
ニフォームを各2セット以上用意しておかなければならない。
2 前項の規定にかかわらず、国内で開催される試合において
は、主催者の判断により、チームの用意すべきユニフォーム数を
決定することができる。

新規定によると、

濃淡2枚以上用意しなさい。となり、

リバーシブルユニフォームは、JBA主催大会では公式のユニフォームとは認められません。

ちなみに、JBA主催大会とは以下の5つです。

(1)天皇杯バスケットボール選手権大会
(2)皇后杯バスケットボール選手権大会
(3)全国高等学校バスケットボール選手権大会(ウインターカップ)
(4)全国 U15 バスケットボール選手権大会(ジュニアウインターカップ)
(5)全国ミニバスケットボール大会

その他、各都道府県主催の大会や、カップ戦などは、大会主催者が明記する場合は、リバーシブルユニフォームは着用可能です。(JBA ホームページ 各種規定 3関連規定(2)⑤より)

しかし、全国大会常連チーム、全国大会を目指すチームは、濃淡2枚以上のユニフォームを準備することになります。

が、そのレベルのチームになれば、リバーシブルユニフォームを採用しているチームは、ほぼないですかね(^_^;)

ユニフォームデザインの規制が細かくなりました

以前からもユニホームのデザインに関しては規定に記されていましたが、

2020年度4月から少し細かく規定されています。

これは書き出すよりも、実際に規定を確認してもらった方がわかりやすいと思います。

★わかりやすいというか、細かすぎて説明できないというか・・・(^_^;)

私が注目したところは

新規追加事項(10条-1)

第10条〔選手番号〕
1 シャツの前面および背面には、シャツの色と異なり、明確に識
別できる色で各チームメンバーに割り当てられた番号(以下「選
手番号」という)を付けなければならない。なお、パンツに選手番
号を付けることはできない。

というところですかね。

たまに見ますね。ダメになります。

ちなみに以前からある規定で、

【パンツの丈は膝より上の長さでなければならず、膝頭に懸かる丈のパンツは認められない。】

とありますが、

U-12カテゴリーについてJBAの見解は

U-12カテゴリーでは、身体成長の著しい時期であるため、国内大会での規則の適用は行いせん。

という事です。

その他

以上、簡単にユニフォームの規定変更、追加の事をまとめましたが、

今後3年間は、一部を除いて移行期間となります。

他、【ユニフォームに広告を表示することが可能】になったり、競技中に身に着けれる物の事は

以下にJBAへのリンクを準備しますので確認してください。

ブログランキングに参加しております。良ければ下のバナーのクリックをお願いしますm(__)m


ミニバスケットボールランキング
最新情報をチェックしよう!
>「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「プレイヤーズファースト」を尊重した、目先の勝利に捉われない長期的視点に立った指導の推進をし、バスケットを楽しみ、打ち込める環境作りと、日本全体の競技力の向上を目指します

CTR IMG