お気に入りの記事があれば、facebook・Twitter・LINEなど、SNSでシェアをお願いします

これだけ揃えれば上手くなる。ミニバスケットボールを始めるための2アイテム+α

まず、バスケットボールができる環境が必要になってくることは前提なので、お住いの地域のチームに所属することをお勧めします。その上で、これがあればバスケはできるという必要最低限のアイテムを2つ+α紹介します。

最低限必要な2アイテム

1.バスケットボールシューズ

ミニバスのチームに所属すれば、どこかの体育館で練習することになります。
体験入部くらいは学校指定の体育館シューズでも問題ないとは思いますが、体験をしてミニバスを始めようとなると、専用のシューズが必要になります。バスケットボールは『走る・止まる・ジャンプ』といった動作を繰り返す激しいスポーツです。下半身、特に足にはかなりの負担があります。その衝撃を和らげて疲労を抑えてくれるのが、バスケットボールシューズです。
各スポーツブランドで、ミニバスケットボール専用のシューズがリリースされていますので、自分の足に合ったものを選んでください。

2.バスケットボール

ミニバスケットボールでは5号球を使用します。
ちなみに、男子は中学校から7号球に、女子は6号球にボールのサイズが上がります。ミニバスは男女共通で5号球です。
所属チームで練習用のボールを用意してくれるチームもあれば、ボールは個人で用意するチームもあると思いますが、どちらにしても、マイモールはあった方がいいです。常に家でもボールを触る環境があることが大切です。
以上、この2アイテムがあれば、バスケットボールは始めることはできます。
サッカーとあまり変わらないお手軽さです。

+α用意したいアイテム

よくを出して、+α用意したいアイテムも紹介します。

バッソク

いわゆる、専用のソックスです。

先ほども書きましたが、激しい動きをするスポーツなので、シューズを履くときには少し厚手の専用ソックスを使用することをお勧めします。

バスパン

動きやすい服装なら、どんなスタイルでも良いとは思いますが、やはりバスケットのスタイルをした方が、カッコいいですし、モチベーションも上がるのでは。しかも軽くて動きやすい。そしてうれしいのは素材的に汗をかいても洗濯しても乾きやすい利点があります。ミニ世代では、2枚あれば大丈夫ですね。

Tシャツ

Tシャツもバスパン同様、スポーツ専用の物をおすすめします。夏場はもちろん、冬でも練習をすると汗をかきますので、着替え用のTシャツは欲しいです。夏ならTシャツ数枚、冬ならロンT(長袖)

バスケットゴール

練習の体育館以外で練習が余分にできる環境があるのと無いのでは、やはり違いがありますね。

家の庭や、近所の広場にバスケットゴールを設置してもよいスペースがあるならば、バスケットゴール設置をすすめます。遊びの中でスキルを伸ばすことができます。

でも、近所にバスケットゴールが置けない環境にある場合は、家の中に小さいバスケットゴールをつける方法があります。実際のボールとゴールではないものの、工夫次第でかなりスキルが上がります。ポイントは、できるだけリングの高さをミニバスのリングの高さ(260センチ)に合わせる事。使うボールは、家の物を壊さないように軽くても良いので大きさの合ったボールを使う事。以上2つのポイントを押さえて、遊んだり練習をするとシュートタッチや手首の使い方が上手くなります。

まとめ

以上、ミニバスケットボールを始めるために必要な2アイテム+αを紹介しました。

でも、道具をいくら良いものをつかっても、練習をしっかりしなければバスケットボールは上手くなりません。

たくさんのアイテムを紹介しましたが、何よりも必要なものは

バスケットボールを

【上手くなりたい、有名選手のような選手になりたい】

という憧れと気持ちだと思います。

それの気持ちを大切にして下さい。

最新情報をチェックしよう!
>「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「プレイヤーズファースト」を尊重した、目先の勝利に捉われない長期的視点に立った指導の推進をし、バスケットを楽しみ、打ち込める環境作りと、日本全体の競技力の向上を目指します

CTR IMG