お気に入りの記事があれば、facebook・Twitter・LINEなど、SNSでシェアをお願いします
CATEGORY

知識

  • 2019年8月28日
  • 2019年10月31日

アニメ『あひるの空』放送局、日時決定!

今回の記事は、少し視点を変えてバスケットボール普及につながるであろうテレビアニメの話です。 あひるの空テレビアニメ化 日本人初のNBAドラフトによるNBA入りが決まった『八村塁』選手が話題となり、相乗効果で全日本バスケットボールチームのAKATSUK […]

  • 2019年8月14日
  • 2019年12月1日

近頃よく見かけるミニバスの赤色と黄色の旗は何?

近頃、ミニバスの大会で、赤色と黄色の旗を持っている人をみるけど何をする人なの? 黄色の旗をあげた!なぜ? 赤色の旗が上がった!どうして? と思っている方は多いはず。 その疑問にお答えします。 現在のミニバス事情 2019年現在、日本のバスケットボール […]

  • 2019年6月18日
  • 2019年10月31日

ミニバス|気をつけよう!熱中症から子供たちを守る

スポーツというのは体を動かすのが基本になってきます。 身体を動かすと体が熱くなり、体温調整の為に人間は汗をかきます。 梅雨の時期から真夏の気温が高くなる時期には、やはり体への負担も大きくなり、近年よく耳にするのが『熱中症』です。 ミニバスケットボール […]

  • 2019年6月8日
  • 2019年10月31日

ミニバス|個人持ちチームビブスのサイズは迷わない

チームビブスのすすめ 以前の記事で、チーム事情などを考えると、個人持ちのリバーシブルビブスはおすすめですよ~という情報を発信しました。 内容は、簡単に紹介すれば、個人持ちのリバーシブルビブスを持つと、何かと便利という内容です。 リバーシブルビブスのサ […]

  • 2019年5月16日
  • 2020年1月9日

ミニバス|2019年度E級コーチライセンスが最短3日・しかも自宅のPCで取得できるように

E級コーチライセンスが取得しやすくなりました ミニバスをはじめ、地域レベルの大会に参加するには、E級のコーチライセンスが必要になります。 いわゆる、E-1級・E-2級ライセンスと言われるものです。 E-1級のコーチライセンスを取得するには、講義・実技 […]

  • 2019年4月8日
  • 2019年5月22日

ミニバス|リバーシブルビブスのすすめ

ミニバスのチームに限らず、団体競技のチームがウェアを揃えているのを見かけると、カッコいいし強いチームにも見えますよね。 しかも、気合の入っているチームや、常に上位に食い込んでくるようなチームは、ユニホームも個人のサイズに合わせて毎年購入の個人持ち。 […]

  • 2019年3月2日
  • 2019年12月14日

ミニバス|2019年度・選手交代が可能に

2019年度選手交代が可能に 2019年4月から、一部ミニバスのルール変更があります。 24秒・14秒リセットの採用、条件付きの8人での試合成立など。 その変更の中身に、 なんと! さらっと・・・ さらっと! 大きな変更が記されていました! それは、 […]

  • 2019年3月2日
  • 2020年1月4日

ミニバス|2019年度24秒・14秒リセットについて

「NIKE」グループのプレミアムブランド「JORDAN」 小さなアスリートに、閃きと革新を【ROOKIE USA】 – Nike、Jordan、Hurley – 私たちが扱うのは、世界のスポーツアパレル界を 牽引するプレミアム […]

  • 2019年2月26日
  • 2020年1月4日

ミニバス|2019年度ルール変更のポイント

「NIKE」グループのプレミアムブランド「JORDAN」 小さなアスリートに、閃きと革新を【ROOKIE USA】 – Nike、Jordan、Hurley – 私たちが扱うのは、世界のスポーツアパレル界を 牽引するプレミアム […]

  • 2019年2月20日
  • 2019年3月7日

ミニバス|睡眠をとると上手くなる

寝る時間が遅くなっている 近頃、ミニバスの練習をしていても、目をこすりながら眠そうにやってくる子が目立ちます。 単純に寝起きなのか、寝不足なのか。 日本人の生活のリズムが昔と比べて激変しているのは言うまでも無いです。 便利な世の中になったので、テレビ […]

>「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「プレイヤーズファースト」を尊重した、目先の勝利に捉われない長期的視点に立った指導の推進をし、バスケットを楽しみ、打ち込める環境作りと、日本全体の競技力の向上を目指します

CTR IMG