お気に入りの記事があれば、facebook・Twitter・LINEなど、SNSでシェアをお願いします

アニメ『あひるの空』放送局、日時決定!

今回の記事は、少し視点を変えてバスケットボール普及につながるであろうテレビアニメの話です。

あひるの空テレビアニメ化

日本人初のNBAドラフトによるNBA入りが決まった『八村塁』選手が話題となり、相乗効果で全日本バスケットボールチームのAKATSUKI FIVEも世界の上位チームと接戦をするなど、

今、日本でバスケットボールが注目を集めています。

そんな中、まさに追い風になるニュースが

累計2400万部も読まれている人気バスケ漫画

『あひるの空』が連載から15年!

悲願のテレビアニメ化が決定しています。

今まで読んできたバスケ漫画の中で、この漫画を超える作品は私が生きている間には出てこないと思うほど素晴らしい作品です。

今までもバスケットボールを題材にした漫画やアニメはありました。

皆さんよく知っている『スラムダンク』をはじめ、『DEAR BOYS』などは有名です。

私も現役時代は、よく読んだりテレビで見ていました。

どちらも素晴らしい作品で、影響を受けてバスケットボールを始めた方もおられると思います。

『スラムダンク世代』

などと言われている世代がそうではないかと。

人気バスケ漫画比較

人気バスケ漫画に割って入ったのが『あひるの空』いうわけですが

私の独断ですが作品の感想というか比較をしてみたいと思います。

スラムダンク

スラムダンクと言えば、バスケットの素人、桜木花道が湘北高校でバスケットボールをはじめて、成長をしていくストーリーです。

チームメイトでありライバルの流川楓との絡みが面白く、他、登場人物も個性豊かで素晴らしいプレイヤーです。

しかし・・・面白いのですが、現実離れをした展開やプレーが随所に出てくる・・・

でも!そこも面白いところ。

DEAR BOYS

DEAR BOYSはとにかく、美男美女のバスケの祭典!

休部状態の瑞穂高校バスケットボール部に、バスケットボールの名門と呼ばれていた天童寺高校のキャプテンをしていた哀川和彦が転入してきたところから始まります。

どん底から這い上がっていく、瑞穂高校男子バスケ部の活躍は素晴らしく、カッコいいストーリー。

しかし・・・面白いのですが、登場人物のプレーは高校生離れしていて非現実的・・・

でも!そこが面白いし、男前!女前!

あひるの空

あひるの空は、今回の記事にすることもあり、絶賛することになりますが

とにかく、前向きな主人公「車谷空」が一生懸命にバスケに取り組んでいる姿が素晴らしく、主人公以外の登場人物の生き方や人間性がとてもいい。

バスケのプレーを見ても高校生ならどことなく真似できそうなシーンが多い。

バスケシーンも面白いですが、それ以外の内容がメッチャ面白くて泣ける!

あひるの空世代誕生!

私が絶賛する、あひるの空がテレビアニメ化されるというのは、以前からうわさになり、決定していました。

少しずつ詳細もわかってきて、登場人物の声優さんも決まって、もうワクワクが止まりません。

しかし、漫画というものは、絵があって、セリフやシーンのイメージは活字で表現してあるので、読んでいる本人が登場人物の雰囲気や『声』を作っていきます。

なので、アニメという動画になると、自分の思っている世界観にならない事がある。

そこを、あひるの空ファンとしては心配しています。

でも、アニメのあひるから入る方なら、ぜんぜん関係の無い事なので、今回のアニメ化は『スラムダンク世代』とならぶ、いやそれ以上の

『あひるの空世代』を生む!

事になると思いますね!

放送に先駆けて発表になったPVを見るだけで、ストーリーを知っているので泣けてきます。

あひるの空 放送局・放送日決定

そして・・・

ついに・・・!

第2弾PVにて

アニメ『あひるの空』の放送局と放送開始日が発表になりました!

10月2日より

テレビ東京系6局ネットにて

毎週水曜日 午後6時25分~

放送開始!!!!!

・BSテレビ東京 毎週水曜深夜0:30~

・TA‐X 毎週水曜夜9:00~

となりました~

楽しみで仕方ない!

とにかく全部録画!

これを機会に、バスケットボールを始める子供たちが増えるに期待したいし、バスケ人口が増える事によって、八村塁選手に続く素晴らしい日本人プレイヤーが育つことを期待してしまう。

ブログランキングに参加しております。

良かったらバナークリックをして下さい。


ミニバスケットボールランキング

最新情報をチェックしよう!
>「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「プレイヤーズファースト」を尊重した、目先の勝利に捉われない長期的視点に立った指導の推進をし、バスケットを楽しみ、打ち込める環境作りと、日本全体の競技力の向上を目指します

CTR IMG