お気に入りの記事があれば、facebook・Twitter・LINEなど、SNSでシェアをお願いします

簡単に3x3のルールを説明、プレーしないという選択肢はないでしょう

3x3と言われるバスケットボールを知っていますか?

近頃な、メジャーになりつつあるバスケットボール競技です。

世の人に知られるようになった頃は

3x3と書いて

スリーバイスリー

と呼ばれていましたが

現在は

スリーエックススリー

と呼ばれています。

元々は、ストリートバスケットボールの3on3から始まり、2007年にFIBA(国際バスケットボール連盟)が正式な統一ルールを設けました。

今はオリンピックの正式競技にもなっています。

ストリートから始まった競技なだけに、やる気になれば気軽に始められるのがいいところです。

もちろん、オリンピックの正式競技でもあるので、競技として真剣にプレーされている方はたくさんおられますし、プロのリーグもあります。

3x3のルール

3x3のルールなどを簡単に確認しましょう。

コート

コートは5人制のバスケットボールの半分ほど

横15m × 縦11m

いわゆるハーフコートくらいです。

ボール

ボールは3x3専用のボール設定があります。

大きさは6号球で重さは7号球の重さになっています。

時間と勝敗

試合時間は、10分間の1ピリオドのみ。

競技時間が終了した時点で得点の多い方が勝ち。

★どちらかのチームが21点以上得点をした場合、その時点で試合終了、そのチームが勝ちとなる。

得点

2ポイントラインの外側からのショットは2点

2ポイントラインの内側からのショットは1点

フリースローは1点

始め方

コイントスで攻守を決めて、チェックボールで開始します

★チェックボールとは、2ポイントライン外側の頂点付近からディフェンスプレイヤーからパスまたはトスでボールを渡してプレーを始める事

ショットクロック

ショットクロックは12秒

攻守の切り替え

ディフェンス側のプレイヤーがボールを持った場合、2ポイントラインの外までパスまたはドリブルでボールを運んだら(両足が2ポイントラインの外に出る事)オフェンスに切り替える事ができる

ショットが決まった場合

ショットが決まった場合は、ディフェンスをしていたチームがリングの下からドリブル又はパスで1度2ポイントラインの外までボールを運ばなければならない

新たにディフェンスになるチームは、ノーチャージセミサークルの外にボールが出るまではボールに対してのプレイはしてはいけない

ボールがデッドになった時

ボールがデッドになった時は、チェックボールで再開する

チームファウル

チームファウルの制限は6回

7・8・9回目のファウルは、2個のフリースローが与えられる

10回目以降は、フリースロー後、ボールの所有権も与えられる

ちなみに、個人ファウルの累積による退場はありません

ただし、アンスポーツマンライク・ファウル2回、または、ディスクォリファイリング・ファウルで退場

ヘルドボール

ヘルドボールになった時は、ディフェンス側のチームがオフェンスになってチェックボールで再開

選手の交代

どちらのチームも、ボールデットでチェックボールになる前に、選手交代ができる。その場合、タッチなど身体接触をすること。審判やTOに申告はしなくてもよい。

簡単に始められる3x3

しっかりと競技として3x3ができれば最高なのですが、もっと簡単に普段のバスケで3x3を始めてみませんか。10人揃わない日にやるとか、いいと思います!

でも

いやいや、バスケットボールはフルコートで5人制でしょう!

という方も多いとは思いますが、

騙されたと思って、やってみて下さい。

楽しいです。

プレイのスピード感が最高に楽しいし、体力の消費が5人制よりも激しい気がするが気持ちの良い疲れ(笑)

  • ルールや設備は、対応できる範囲でぜんぜんOK
  • ボールは6号でも7号でもよし!
  • 試合時間は5分でも3分でもいい。
  • タイマーも12秒計れなくても、14秒で代用できる。

できれば、14秒リセット対応のタイマーと

2チーム6人+タイマー1名いれば、それなりに成立します。

5人制の練習メニューとして採用しても面白いと思います。

一度やってみると

『3x3をやらないという選択肢はないでしょう』

最新情報をチェックしよう!
>「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「プレイヤーズファースト」を尊重した、目先の勝利に捉われない長期的視点に立った指導の推進をし、バスケットを楽しみ、打ち込める環境作りと、日本全体の競技力の向上を目指します

CTR IMG