お気に入りの記事があれば、facebook・Twitter・LINEなど、SNSでシェアをお願いします

渡邊雄太選手もやっていた、バスケットゴールを使わないシュート練習

 
コロナウイルスのせいでバスケの練習もないし、近所でシュート練習ができるバスケットゴールもない。何かいいシュート練習の方法はないの。
こんな悩みを解決します。
 
✔︎本記事の内容
・渡邊雄太選手もやっていたシュート練習

・電柱にボールを当てる

・いま、できる練習を!

 

コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐために、緊急事態宣言が出されてから、

ほとんどミニバスチームやバスケ関係者の練習がストップしている事と思います。

一日もはやく、元の生活が取り戻せる日がくればと願います。

しかし、これは夢でもなく、現実に起こっている【リアル】です。

ならば、この【リアル】をしっかりと受け止めて、

前向きに考えないといけません。

暗いことばかり考えていても人は成長しません。

【いかに今を楽しみ、自分の力に変えていくか】

これが

私たちが大切にしていかなければならない事かと思います。

バスケットボールができない環境、バスケットゴールが無い環境でできる、シュート練習の紹介です。

渡邊雄太選手もやっていたシュート練習

渡邊雄太選手と言えば

日本人で2人目のNBA選手として活躍されています。

そんな渡邊選手を取り上げたテレビ番組で見た内容なのですが、

渡邊選手は、

チームの練習以外で

よくやっていた練習があったそうで

近くの公園かグラウンドかで(不確かな記憶です)

【電柱にボールを当てるシュート練習】

をされていたという事でした。

これは、すごく理にかなった練習方法だと思います。

シュートを確立良く決める条件として

最も重要なのは

  • 狙ったところにまっすぐ飛ばす技術

だと思います。

電柱にボールを当てる

【電柱にボールを当てる】

という事はどういった練習になるのか。

電柱というものは

ご存知の通り円柱です。

という事は、

まっすぐ正面からボールを当てないと

自分の方に帰ってこない

これは、狙ったところにまっすぐコントロールする技術がないとかなり難しいです。

左右にずれると、自分にボールが帰ってこない。

この練習を、正しいシュートフォームで練習すれば

かなりコントロールが上がると思います。

いま、できる練習を!

NBA選手、渡邊雄太選手のやっていた練習を紹介しましたが

いま、バスケットボールの練習をするにも、体育館が使えない状況にあると思います。

家にバスケットゴールがあるなら、思いっきりシュート練習ができますが

家にバスケットゴールがない、設置できないなどの

バスケットボール環境にある方は

近くの公園、グラウンドや

ボールを使っても安全上問題がない場所があれば、

電柱やポールを見つけて

【電柱当てシューティング】もいい練習になると思います。

こんな時期、時代だからこそ

ハングリー精神もいい変化につながるかと思いますね。

今回は、

渡邊雄太選手もやっていた

電柱にボールを当てるシュート練習を紹介しました。

 

高さ調節らくらく!アクショングリップ式【送料無料】 バスケットゴール 5段階高さ調節 公式対応 屋外 室内 7号球 公式サイズ 家庭用 ポータブルバスケットゴール ミニバス 230cm 305cm 練習用 アクショングリップ 【代引き・後払い不可】

ブログランキングに参加しております。良ければ下のバナーのクリックをお願いしますm(__)m


ミニバスケットボールランキング
>「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「プレイヤーズファースト」を尊重した、目先の勝利に捉われない長期的視点に立った指導の推進をし、バスケットを楽しみ、打ち込める環境作りと、日本全体の競技力の向上を目指します

CTR IMG