お気に入りの記事があれば、facebook・Twitter・LINEなど、SNSでシェアをお願いします

ワンハンドシュートのコツ!ボールに回転をかけるには。

バスケの神様が教えてくれたコツ!を伝授します。

略して・・・『神コツ!』

今回は『ワンハンドシュートのスピン(回転)』

バスケットボールをプレーする面白さ、夢中になる理由のランキング1位(コーチアフロの主観です)に、ボールがゴールに入る瞬間!すなわちシュート入った時の気持ちよさがあります。

シュートが入れば試合だと得点が入ります。目をつむってシュートをしても、適当にボールを投げてゴールに入っても、狙いすましてシュートを決めても同じ得点が入ります。しかし、試合において得点をたくさん取れる選手はやはり練習の中できれいなシュートフォームを繰り返し練習をした選手だと言い切れます。

シュートフォームと言えば皆さんご承知の通り、ワンハンドシュートとボスハンドシュートがあげられます。今までのミニバスでは、男子はワンハンドシュート、女子はボスハンドシュート、低学年に関しては男女共にボスハンドシュートという考え方があったクラブも多いはず。しかし、近年JBAの指導方針でも、女子の選手もワンハンドシュートの必要性がうたわれています。なので我がミニバスクラブでも、男女学年関係なくシュートはワンハンドシュートと決めて練習しています。

ワンハンドシュートの指導としては、いろんな書籍、インターネットでの記事などで説明されている事を、わかりやすく指導していますが、上手くコツをつかむ子、そうでない子が出てきます。

我がクラブのワンハンドシュートのコーチング

我がクラブのワンハンドシュートのコーチングとしては、

  • 手は(利き手)大きく広げる
  • 足、膝、肘、肩、ボールを持つ手を一線上にそろえる
  • 手のひらをゴールに(ボードの狙うところに)向ける
  • 構えは肩の上(低学年は低くてもOK)
  • フォロースルーをしてボールに回転をかける

と教えています。それと、ボールを持つ時に手のひらはつけるか、浮かすか。意見が分かれるところですが、私は付けるように教えてます。子供たちはまだ手が小さいのでその方が安定します。以上、皆さんのミニバスクラブでも説明の仕方は違うかもしれませんが同じような内容だと思います。その中で、最後に書いた

  • フォロースルーをして回転をかける

についてですが、シュートフォームの事はある程度理解して、フォロースルーをしているのに回転がうまくかからないという子がいます。そんな子にしたコーチングです。

ワンハンドシュートの神コツ!

シュートの構えを作って、ボールをリリース時、手のひらの下の部分(手首の上の部分)からゴールに向かって伸ばしてみよう!(ボールをリフトしよう!)

ある程度、フォロースルーの形ができている子には効果があります。回転もしかりかかるようになりますし、なんとシュートコースも良くなります。あとは、その要領を常にできるように意識してシュートしていく事を伝えます。

ボールにうまく回転をかけれない子がいる指導者の方、一度試して下さい。

そしてもっといい神コツがあれば教えて下さい。遠慮なく我がミニバスクラブで使わしていただきます。

ブログランキングに参加しております。
良ければバナークリックお願いします。

ミニバスケットボールランキング

最新情報をチェックしよう!
>「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「プレイヤーズファースト」を尊重した、目先の勝利に捉われない長期的視点に立った指導の推進をし、バスケットを楽しみ、打ち込める環境作りと、日本全体の競技力の向上を目指します

CTR IMG