お気に入りの記事があれば、facebook・Twitter・LINEなど、SNSでシェアをお願いします

ボスハンドよりも、ワンハンドシュートが有利な理由

ワンハンドが有利な訳

記事タイトルの通り

ワンハンドシュートは、ボスハンドシュートよりも有利です。

理由は

ボスハンドの場合は、まずシュートを打つときは、両腕で構えるため、両方の腕を同時に、しかも同じ力で使わなければなりません。それは、狙ったゴールに対して両腕が同じ距離になった時にしか、シュートを打つタイミングが無いという事です。すなわち、体がゴールに正対したときしか正確なシュートが打てないので、ロールターンをはじめ、体が回転運動をした後にシュートを狙う場面で、シュートを打つタイミングを制限されてしまうのです。

それに比べて、ワンハンドシュートはシュートを打つ軸が、構えた腕側の1本になるため、シュートを打つ時、少々体の向きがゴールに向いていなくても、思った方向にシュートを打つことが出来ます。

しかも、シュートを打つタイミングが長く取れるので、シュートの自由度が高いです。

簡単な説明でしたが、ワンハンドシュートは、ボスハンドシュートよりも有利な理由をわかって頂けたでしょうか。

最新情報をチェックしよう!
>「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「プレイヤーズファースト」を尊重した、目先の勝利に捉われない長期的視点に立った指導の推進をし、バスケットを楽しみ、打ち込める環境作りと、日本全体の競技力の向上を目指します

CTR IMG