お気に入りの記事があれば、facebook・Twitter・LINEなど、SNSでシェアをお願いします

ミニバス|2019年度・選手交代が可能に

2019年度選手交代が可能に

2019年4月から、一部ミニバスのルール変更があります。

24秒・14秒リセットの採用、条件付きの8人での試合成立など。

その変更の中身に、

なんと!

さらっと・・・

さらっと!

大きな変更が記されていました!

それは、選手交代についてという内容

選手交代の新ルール

今回のミニバスケットボールのルール変更について、JBAの公式サイトのピックアップに3月1日付でアップされてます。

その中で、「8人以上による試合成立と交代」

という文言が・・・

ん・・・

交代だと。

これは見過ごせんという事で、チェックしました。

1Q~3Qまでは、今までと変わりないですが、

4Qと延長時限

の選手交代のやり方が変わります。

  1. タイムアウトがあったとき
  2. 審判が笛を吹いてゲームクロックが止まったとき
  3. ファウルの後は審判がテーブルオフィシャルに伝達を終え たとき
  4. 最後のフリースローが成功したとき

以上の条件の時はどちらのチームも選手の交代ができるというものです。

(プレーヤーの出場時間をコントロールするため、交代は第 4 クォーターと延長時限に限ります)

これは、より 多くのプレーヤーが出場できることを目的として、タイムアウト以外でも交代も認めましょうという事です。

交代をする時は、 、交代するプレーヤーが自分でスコアラーに申し出ていく方式です。

これにより、選手は出場チャンスが増えることになります。

そして、選手ひとり一人の良いところを試合展開に応じて使ってあげることができます。

指導者側も、今まで以上に、各選手の特徴を把握して、選手を起用することができるので、バスケットボールの魅力を子供たちに伝えることができます。

この交代の変更、ものすごく大きな変更点だと思います。

ブログランキングに参加しております。

良かったらバナークリックをして下さい。


ミニバスケットボールランキング

最新情報をチェックしよう!
>「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「プレイヤーズファースト」を尊重した、目先の勝利に捉われない長期的視点に立った指導の推進をし、バスケットを楽しみ、打ち込める環境作りと、日本全体の競技力の向上を目指します

CTR IMG