お気に入りの記事があれば、facebook・Twitter・LINEなど、SNSでシェアをお願いします

ミニバス|2019年度24秒・14秒リセットについて

24秒・14秒リセットについて

前回の記事で、2019年度4月から一部変更になる、ミニバスケットボールの競技規則について書きましたが、記事公開後の3月1日にJBAの公式サイトに詳細がアップされましたので、24秒・14秒リセットについて書き出したいと思います。

1番気になるところ

2019年4月1日より、1年間を移行期間として、2020年4月より完全実施となります。

30秒が24秒になるのは、大きな問題にはならないと考えますが、気になるのが14秒リセットの中身です。

今回、JBAから発表になった14秒リセットのポイントは

【オフェンスリバウンドを取った時にのみ、14秒リセットを採用する】

というところです。

ミニバスケットボールには、バックコート・フロントコートの概念がないため、14秒リセットはオフェンスリバウンド時のみとなります。

まとめ

24秒をリセットする時は

  • シュートが入ったとき
  • 相手チームがボールをコントロールしたとき
  • ファウル、ヴァイオレーションが宣せられ、スローインが与 えられるとき(アウトオブバウンズでボールをコントロールして いたチームに引き続きスローインが与えられたときを除く)
  • フリースローが与えられたとき
  • その他、審判から指示があったとき

14秒にリセットする時は

  • ボールがリングに触れたあと、それまでボールをコントロ ールしていたチームが引き続きボールをコントロールしたとき

ショットクロックが継続する時は

  • ボールがアウトオブバウンズになり、ボールをコントロー ルしていたチームに引き続きスローインが与えられたとき
  • ジャンプボールシチュエーションでオフェンスチームのスローインになったとき
  • ダブルファウルが宣せられたとき
  • そのほか審判が特別な処置をするとき

詳しくは下の、JBAリンクから確認してください。

ブログランキングに参加しております。

良かったらバナークリックをして下さい。


ミニバスケットボールランキング

最新情報をチェックしよう!
>「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「プレイヤーズファースト」を尊重した、目先の勝利に捉われない長期的視点に立った指導の推進をし、バスケットを楽しみ、打ち込める環境作りと、日本全体の競技力の向上を目指します

CTR IMG