お気に入りの記事があれば、facebook・Twitter・LINEなど、SNSでシェアをお願いします

チェストパスの教え方

皆さんミニバスの子供たちが、試合で練習でパスをするところは見たことがあると思いまいます。

当たり前だ!と怒られそうですが、同時にそのパスを見てどう思いますか?

よくある子供たちの悪いパス

私のミニバスクラブの子供たちは、パスが下手!キャッチも下手!

練習中のパスは、試合にもそのまま出ます。

どんなパスか。

ゆる~い、山なりのパス。

パスをする相手に気を使っているのか、力が無いのか。チェストパスのはずなのに、失敗したバウンドパスのように相手の足元に落ちて届かない。

今までのチェストパスのコーチング

皆さんチェストパスを子供たちに教える時は、どのようにコーチングされてますか?

  • 胸の前で両手で構える
  • 両腕をまっすぐ伸ばして、手首のスナップを使ってボールに回転をかけて、手のひらが外に向くようにする
  • パスをする相手の胸、またはターゲットハンドに向かってパスをする
  • 強く速いパスをする

私はこんな感じでコーチングをしていました。あとはそこに足の使い方を追加するくらい。

しかし、なかなかいいパスが出せない。

パス練習もメニューに入れて練習するも

結果、パスキャッチもうまくならない。

そんな時、知り合いがある講座で聞いてきた、シュートとパスをする時の腕の使い方の話をしてくれました。

これか!

チェストパスの神コツ!

パスの構えから、両腕の内肘(肘の内側)を胸の前で引っ付けるように腕を伸ばす!

しかも素早く!

実際には内肘は胸の前では引っ付きませんが、意識してやります。

なんと、バックスピンもしっかりかかるようになります。

相手に受けやすい速いパスが届きます。

パススピードが上がった理由

では、なぜパススピードが上がったのか。今まではなぜ遅かったのか。

簡単な事で何ですが、腕を伸ばすスピードが速くなったからです。

当たり前のことですが、ただ子供たちに速いパスをするように言っても、どうやったらパスが速くなるかが分からないのです。そこで、少し噛み砕いて腕の使い方を教えてあげたという事です。

内肘を胸の前で素早く引っ付ける事を意識させることで、自然に早く腕が伸び、パスの初速が上がります。おまけに、半自動的に両手のひらが外を向くので、ボールにも回転が掛かります。一石二鳥です。

相乗効果

パススピードが上がり、パスをする相手までしっかりパスが届くようになった結果、当然のごとくパスキャッチも上達してます。相手に気を使ってゆる~いパスをすることも無くなります。

あとは、そのパスを意識してどんな練習や試合でも取り組めるか。自然にできるようになるか。

うちのミニバスクラブの子供たちにも、当然このコーチングをしました。見違えるようにいいパスができるようになってます。後は、意識して使えるかですね。

今回は、チェストパスについてでした。

ブログランキングに参加しております。
良ければバナークリックお願いします。

ミニバスケットボールランキング

最新情報をチェックしよう!
>「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」について

「プレイヤーズファースト」を尊重した、目先の勝利に捉われない長期的視点に立った指導の推進をし、バスケットを楽しみ、打ち込める環境作りと、日本全体の競技力の向上を目指します

CTR IMG